キレイな肌を手に入れたい

HOME   |   料金   |   口コミ   |   動画   |   悪化   |   サイトマップ   |  

悪化

皮膚科に通って正しいにきび治療を行った場合などでも、
一時的ににきびが悪化するような場合があります。

たとえばにきび治療ではホルモン剤を使用することがあるのですが、
このときに最初の数ヶ月間、悪化してしまうケースがあるのです。


これはにきび治療をおこなった全ての人がそうというわけではなく、
数人に1人の割合で起こり得ることです。

ただ治療をうけている人からすれば、「きちんとにきび治療通りにしているのに
悪化したということは、処置が適切でないのでは?」と
不安になってしまうことが多いようです。

相談してみる


このような時は自己判断せずに主治医に相談してみましょう。
自分が納得できる方法でないと治療を続ける気力がなくなってしまいます。

適切な処置

クリニックで治療を受ける良い点はここではないでしょうか?
自分で治療するのと違い、不安に思った場合や、悪化してしまった場合に
気軽に相談に乗ってもらうことができ、納得のいく方法が見つかるまで
カウンセリングをしてもらうことができるのです。


万一、悪化してしまっても、それに対する適切な処置もしてもらうことができます。
それは気持ちの面でも、非常に安心感があるでしょう。

にきび治療は短期間ですむことが少ないですから、自分が納得できる
方法をみつけて根気よく取り組むことが大切です。